ワーキング グループ/Working Group

ミーティングの予定
ミーティング実施の報告
コンセプト&メンバー
シングル談義
ミニ・シンポジウム無事終了!
日時 2008年11月8日
比較家族史学会研究大会 第51回大会において、WGがミニ・シンポジウムを行ないました。
遠方からのお運び、ありがとうございました。
来年の比較家族史研究に報告を掲載予定です。

【ミニ・シンポジウム】
「『シングル』の視点で社会をみる——人類学的試論」

<日時>2008年11月8日(土)15:10〜17:30

<概要>
 戦後日本に形成された核家族像から逸脱した人の生き方が、『シングルライフ』に始まり、90年代になると「パラサイトシングル」、「負け犬」、そして「おひとりさま」、さらに「もてない男」といった言葉で表現され世間を賑わせている。その際シングルという語は、従来の家族像からある意味外れた存在として「結婚していない/配偶者がいない人」の意でシングル、ととらえられてきた。この場合シングルであることは、期待と不安という表裏一体の感情に支配される「ひとり」という状況に帰結することを前提としている。だが変化の激しい現代、世界のあらゆる地域に目をむけたとき、(結婚していたとしても)さまざまな要因で「ひとり」になる状況がある。また逆に、(結婚していなくても)伝統的に「ひとり」にはしない仕組みを用意している社会もあるし、そのように変化しつつある社会もある。
 そこで本シンポジウムでは「シングル」をより広い概念として捉え、出稼ぎ者、高齢者、ジェンダー・マイノリティといった人びとも対象とする。世界中で多様な展開を示す、こうした「シングル」というあり方自体を問題化することは、逆説的ではあるが、これからの家族について考える視座を示すことにもなろう。

<プログラム>
(0)趣旨説明:シングルに注目して社会をみると   
   椎野若菜(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

(1)ひとりで老いていくこと:フィンランドの場合
   高橋絵里香(東京大学大学院博士課程)

(2)パリに暮らす移民のシングル
   植村清加(成城大学民俗学研究所研究員)

(3)PNG・テワーダ社会における「シングル」とは
   田所聖志(立正大学非常勤講師)

(4)「結婚」しないヒジュラの生き方
   國弘暁子(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究院研究員)
   
   討論

<会場>椙山女学園大学星が丘キャンパス
文化情報学部メディア棟001室

<アクセス>
〒464-8662
名古屋市千種区星が丘本町17番3号
※地下鉄東山線 「名古屋」から「星ヶ丘」下車。6番出口より徒歩5分(合計23分)
http://www.sugiyama-u.ac.jp

午前中は個人の自由報告があり、本シンポの前にも「家長権をめぐる<母>機能の比較史」
というミニシンポが開かれます。
主催者にお問い合わせは、
椙山女学園大学文化情報学部黒柳晴夫研究室
電話052−781−4049
メール hkuro@sugiyama-u.ac.jp
第5回ミーティング
日時 2008年10月23日 10:30-12:30
場所 本郷サテライト7F

(1)ミニシンポジウムの打ち合わせ
各自、発表する予定の内容を話してもらった。
前後の関連性をキーワードでむすんでいく作業をみなで行った。
日本におけるシングルという語の使い方、本研究会でめざす視点について、
そしてそれが、今後の家族研究にどんな刺激をあたえられるか、が
ポイント。
また、くわしくはミニシンポ@名古屋の椙山学園大で!

(2)AA研広報誌 Field+ での特集記事について
第4回ミーティング
日時 2008年5月2日(金)
場所 東京外国語大学 本郷サテライト7階会議室

内容 (1)今年度の研究会の進め方について
    (2)「シングル」についての特集の編集会議
    
 (2)については、議論の発展あり。詳細はグーグルグループ TUFSaa-singleken で記録。
第3回ミーティング
日時: 2007年12月26日(水) 14時から
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト7階会議室

内容 (1) 『人としてのカテゴリー』(紀伊国屋書店)を読む
    (2) 高橋絵里香さんの「人格論」を聞く

(1)の担当
 ・人間精神の一カテゴリー ――人格(パーソン)の概念および自我の概念
  マルセル・モース/中島道男訳 【田所聖志】
 ・現代人の起源・再考 ――近代個人主義のキリスト教的端緒
  ルイ・デュモン/厚東洋輔訳 【高橋絵里香】
 ・カシミールのバラモンにおける浄と力
  アレクシス・サンダーソン/中村牧子訳 【細谷幸子】
 ・アフリカの自己表現 ――公的な自己と私的な自己
  ゴドフリー・リンハート/中村牧子訳 【椎野若菜】

(2) 高橋さんは、ご執筆中の論文の序論を土台に、フィンランドの老齢の「シングル」を考えるに
  あたっての前座として「人格論」の研究史等をお話くださいました。

第2回ミーティング
日時: 2007年5月30日(水)
場所: 東京外国語大学本郷サテライト4階

参加者: 國弘暁子、高橋絵里香、田所聖志、椎野若菜

テーマ: 各フィールドにおける「シングル」
      文化人類学研究大会にむけての打ち合わせ
第1回ミーティング
日時: 2007年4月16日(月)
場所: 東京外国語大学本郷サテライト7階
参加者:植村清加、國弘暁子、高橋絵里香、田所聖志、馬場淳、椎野若菜

テーマ: 「シングル」とはなにか
■(田所メモ)
「シングル」研究へのアプローチ2007-04-16(Mon)
・「シングル」の概念について
「シングル」→広い意味での「ひとり暮らし」というニュアンス
e.g. 結婚を念頭に置いた「シングル」   →たまたまひとりの「状況シングル」
                      結婚したくない「正統派シングル」
                      高齢者シングル

対象社会で「ひとり暮らし」の人とはどういう人たちか?
この場合、「ひとり暮らし」が、対象社会でどのようにあるのか、そのありようを考えてみる必要がある。
「暮らす」ということ、「住む」ということ、「ひとりで暮らす」ということが対象社会でどのようになっているのか。
 独身や独り身は、ひとりで生活するとは等しくない。

→さしあたり「ひとり」であるような属性を持つ人たちの種類をピックアップする作業を
 最初に行う。(まだなので、その作業に時間がかかるかも)
 ・今のところ思いつく人たち
  寡婦、寡夫、単身で都会へ行く若者、未婚男性、
  未婚の年配男性、未婚の年配女性(いる?)→この差が出るのはなぜか?
«Prev || 1 · | Next»
Page Top

Global Navigation

AACoRE > Projects > シングルと社会
ILCAA