プロジェクト/project

プロジェクトの概要
研究の目的
研究の意義
プロジェクトの運営
プロジェクトの概要 Project Summary
 本プロジェクトは、社会における「シングル」という視点から個人に注目し、その生き方の実態を通文化的に比較研究するものである。シングルと社会のあり方、とくにシングルの生きる戦術を人類学的に明らかにするという試みによって、固定されがちなシングルに対する現代的な社会理念を文化人類学の立場から検討することをめざす。
現代社会における個人の生き方は多様化してきている。社会は、シングルの状態にある人にたいし、どのように対応し、位置づけてきたのだろうか。ジェンダーや社会的地位による違いはあるだろうか。そうした社会的理念は、どのように変化しているのだろうか。
まず、これまでの個人についての哲学的研究や社会学的研究、社会史研究における研究成果を概観し、その歴史的変遷をとらえていく。そのうえで宗教、社会組織、歴史的背景、地域文化的背景の異なる諸社会におけるシングルその多様な生き方の実態と、各社会に通底する社会的理念とのはざまを、現代社会批判という意図を含み文化人類学的な視点を中心にさぐるものである。

In this study, we observe an individual as 'single' in a society. An individual’s way of life in a modern society is diversified. One society may exert pressure on an individual’s way of life based on an ideal family image or there can be a society with a structure which does not bear on a single person. The concept of the 'single' which tends to be fixed is supposed to be re- examined through a comparative study. By now, we have examined several societies in the world with 'single' as the point of reference. These societies included those in Papua New Guinea, India, South Korea, Africa, Austria, and Japan. We now proceed to discuss more about the similarity and diversity which appear when we consider the 'single' through comparing various societies, communities or networks. We will also set the direction of the discussion about 'single', taking into consideration for locality, historical backgrounds, and political economy etc.
Page Top

Global Navigation

AACoRE > Projects > シングルと社会
ILCAA