関連文献/References

やもめぐらし
『やもめぐらし_寡婦の文化人類学』(明石書店)

<はじめに>

椎野若菜「『寡婦相続』再考−寡婦をめぐる諸制度の人類学的用語」『社会人類学年報』29号、2003年

椎野若菜「寡婦という言葉」『民博通信』113号、国立民族学博物館、2006年

椎野若菜 「報告 ミニシンポジウム 寡婦(やもめ)の処遇」」(2005年比較家族史学会・秋季大会ミニシンポジウム報告)『比較家族史研究』20号、pp.53-63、弘文堂、2006年。

上野千鶴子とメディアの中のメディアの性差別を考える会『きっと変えられる性差別語−私たちのガイドライン』三省堂、1996年

第1部 制度のなかで生きるやもめ
<第1章 配偶者亡きあとの再婚——逆縁婚と順縁婚 渡邊欣雄>

A Committee of the Royal Anthropological Institute of Great Britain and Ireland, rev. and rewritten, Notes and Queries on Anthropology, 6th ed.(London: Routledge and Kegan, 1964)

I. R. Buchler and H. A. Selby, Kinship and Social Organization: An Introduction to Theory and Method(New York: Macmillan, 1968), p.248.

江守五夫「逆縁婚について−その比較法社会学的考察」『法律論叢』39(4・5・6)、1966年

E. E. Evans-Pritchard, Kinship and Marriage among the Nuer_Oxford: Clarendon Press, 1951)

M. Gluckman, “Kinship and Marriage among the Logi of Northern Rhodesia and the Zulu of Natal,” in A. R. Radcliffe-Brown and D. Forde(eds), African Systems of Kinship and Marriage(London: Oxford University Press, 1950)

Roger M. Keesing and Felix M. Keesing, New Perspectives in Cultural Anthropology(New York: Holt, Rinehart andWinston, 1971)

C. Lévi-Strauss, “Les Structures élémentaires de la Parenté,” Paris, 1949(J. H. Bell, J. R. von Stumer and R. Needham(tr. and ed.), The Elementary Structures of Kinship_Boston: Beacon Press, 1967, p.120).

R. H. Lowie, Primitive Society(London, 1921)

G. P. Murdock, Social Structure(New York: Macmillan, 1949)

中山太郎「我国に於ける逆縁婚に就いて」『社会学雑誌』創刊号、1924年

中山太郎『日本婚姻史』日文社、258-259頁、1928年

» æÆÃÔ_°∫÷–π˙§Œ_¥Âº“◊°ª_æ©¥Û—ß≥ˆ∞ʪ·°¢1952ƒÍ

大胡欽一「上本部村備瀬の社会組織」東京都立大学南西諸島研究委員会編『沖縄の社会と宗教』平凡社、1965年

R. Piddington, An Introduction to Social Anthropology, vol.1(London: Oliver and Boyd, 1950)

佐藤政雄「逆縁婚の一研究−山村のツギエンについて」『社会学研究』6、1952年

I. Schapera, “Kinship and Marriage among the Tswana,” in A. R. Radcliffe-Brown and D. Forde(eds),African Systems of Kinship and Marriage

◊Ã_–„»˝°∫÷–π˙º“◊Â∑®§Œ‘≠¿Ì°ª_Œƒ…Á°¢1967ƒÍ

Han-Yi Fêng, The Chinese Kinship System, 2nd. Pr.」ィCambridge: Harvard University Press, 1967」ゥ

渡邊欣雄(大胡欽一と共著)「生存配偶者の再婚」 青山道夫、竹田旦、有地亨、江守五夫、松原治郎編『講座家族 4 婚姻の解消』弘文堂、1974年

<第2章 くらしに埋めこまれた「レヴィレート」——ケニア・ルオ社会 椎野若菜>

Kenya Government, Kenya Population Census,1989. Vol.1(Nairobi: Government Printer, 1989)

Hans-Egil Hauge, Luo Religion and Folklore(Solo: Universitetsforlaget, 1974)

A. R. Radcliffe-Brown, “Introduction,” in A. R. Radcliffe-Brown and Daryll Forde(eds), African Systems of Kinship and Marriage(London: Routledge and Kegan Paul, 1987_1950_).

椎野若菜「『ルオ人』として死ぬということ−ケニア・ルオ社会における死者の範疇化と葬送方法について」『比較家族史研究』14、2000年

椎野若菜「ルオの寡婦と男たち」松園万亀雄編『性の文脈(くらしの文化人類学4)』雄山閣、2003年

椎野若菜「寡婦をめぐる慣習とエイズ−ケニア・ルオ社会」『民博通信』113、2006年

椎野若菜「ケニア・ルオの生活居住空間(ダラ)−その形成と象徴的意味の変化」河合香吏編『生きる場の人類学−土地と自然の認識・実践・表象過程』京都大学学術出版会、2007年

<第3章 寡婦がうまれる条件——オーストリア農村の結婚について 森明子>

ピエール・ブルデュ「土地と結婚戦略」今村仁司、塚原史、福井憲彦、港道隆訳『実践感覚二』みすず書房、1990年

ミヒャエル・ミッテラウアー著/若尾祐司、服部良久、森明子、肥前栄一、森謙二訳『歴史人類学の家族研究−ヨーロッパ比較家族史の課題と方法』新曜社、1994年

森明子『土地を読みかえる家族−オーストリア・ケルンテンの歴史民族誌』新曜社、1999年

J. Hajnal, “European Marriage Patterns in Perspective,” in D. V. Glass and D. E. C. Evarsley(eds), Population In History: Essaysin Historical Demography(London: Edward Arnold, 1965)

J. Hajnal, “Two Kinds of Preindustrial Household Formation System,” in R. Wall(ed.), Family Forms in Historic Europe (Cambridge: Cambridge University Press, 1983)

M. Mitterauer, Ledige Mütter: Zur Geschichte unehelicher Geburten in Europa」ィMünchen: Beck, 1983).

<コラム1 北欧の寡婦たち レグランド塚口淑子>

エスピン・アンデルセン著/渡辺雅男、渡辺景子訳『福祉国家の可能性−改革の戦略と理論的基礎』桜井書店、2001年

レグランド塚口淑子「女性−労働を中心に」二文字理明、伊藤正純編著『スウェーデンにみる個性重視社会−生活のセーフティネット』桜井書店、2002年

レグランド塚口淑子『新版 女たちのスウェーデン−「仕事も子供も」が可能な国に40年』ノルディック出版、2006年

Ann-Sofie Ohlander and Ulla-Britt Strömberg, Tusen svenska kvinnoår: Svensk kvinnohistoria från vikingatid till nutid(Stockholm: Prisma, 2002)
(スウェーデン女性の1000年−バイキング時代から現代にかけてのスウェーデンの女性史).

Birgit Janrup-Dünkelberg, et al., Kvinnohistoria: Omkvinnors villkor från antiken till våra dagar(Stockholm: Utbildningsradio, 1999)(女性史−古代から現代までの女性の条件)

<第4章 タプタニがやって来る——女性同士の結婚の「夫」というやもめ 小馬徹>

小田亮「西ケニア・クリア社会における『レヴィレート』−外からの変化と寡婦たちの戦術」松園万亀雄編『東アフリカにおけるグローバル化過程と国民形成に関する地域民族誌的研究』2005年、109-129頁

小馬徹「キプシギスの『火』のシンボリズム」和田正平編著『アフリカ−民族学的研究』同朋舎出版、1987年、3-48頁

小馬徹「結婚−若きアフリカニストへの忠告」米山俊直編『アフリカ人間読本』河出書房新社、1987年、70-72頁

小馬徹「父系の逆説と『女の知恵』としての私的領域−キプシギスの『家財産制』と近代化」和田正平編『アフリカ女性の民族誌−伝統と近代化のはざまで』明石書店、1996年、281-332頁

小馬徹「キプシギスの女性自助組合運動と女性婚−文化人類学はいかに開発研究に資することができるのか」青柳まちこ編『開発の文化人類学』古今書院、2000年、161-182頁

和田正平『性と結婚の民族学』同朋舎、1988年

Max Gluckman, “Kinship and Marriage among the Lozi of Northern Rhodesia and the Zulu of Natal ”, in A.R. Radcliffe-Brown and Daryll Forde(eds), African systems of kinship and marriage(London: Oxford University Press, 1950), pp.166-206.

Toru Komma, “The Dwelling and Its Symbolism among the Kipsigis ”, in N.Nagashima(ed.), Themes in Socio-Cultural Ideas and Behaviour among the Six Ethnic Groups of Kenya(Tokyo: Hitotsubashi University, 1981), pp.91-123.

Toru Komma, “The Women ’s Self-Help Association Movement among the Kipsigis of Kenya ”, in Senri Ethnological Studies, No.15, 1984, pp.145-186.

第2部 やもめとセクシュアリティ
<第1章 ヴェドヴァの「力」の背後にあるもの——イタリアの寡婦 宇田川妙子>

アンナ・パーソンズ「エディプス・コンプレックスは普遍的か−南イタリーの『核コンプレックス』」山根常男訳編『家族の社会学と精神分析』誠信書房、1982年、61-104頁

宇田川妙子「イタリアの女性−その『強さ』はどこからくるのか」綾部恒雄編『女の民族誌2−欧・米・中東・アフリカ・オセアニア篇』弘文堂、1997年、15-40頁

宇田川妙子「もう一つの男女という問題」『民族学研究』68、2004年、157-185頁

宇田川妙子「地域の『門番』概念としてのジェンダー・セクシュアリティ−地中海ヨーロッパ」宇田川妙子、中谷文美編『ジェンダー人類学を読む−地域別・テーマ別基本文献レヴュー』世界思想社、2007年、120-143頁

勝田由美 「イタリア女性の現在」馬場康雄、奥島孝康編『イタリアの社会−遅れて来た「豊かな社会」の実像』早稲田大学出版部、1999年、15-30頁

A. L. Zanatta, Le Nuove Famiglie(Bologna: Il Mulino, 1997)

M. D ’ Amelia, La Mamma(Bologna: Il Mulino, 2005)

M. J. Giovannini, “Woman: A Dominant Symbol within the Cultural System of a Sicilian Town,” in Man, 1986, 16, pp.408-426.

M. Lo Conte, “Evoluzione Caratteristiche dei Matrimoni Successivi al Primo,” in Osservatorio Nazionale sulle Famiglie e le Politiche Locali di Sostegno alle Responsabilità Famigliari」ィed.」ゥ, Familie: Mutamenti e Politiche Sociali vol.2」ィBologna: Il Mulino, 2002」ゥ

R. Rettaroli, “Il Prcesso di Formazione delle Seconde Unioni per le Donne,” Osservatorio Nazionale sulle Famiglie e le Politiche Locali di Sostegno alle Responsabilità Famigliari(ed.), Familie: Mutamenti e Politiche SocMulino, 2002).

<コラム2 寡婦の誕生——ヴァヌアツ・アネイチュム女性の過去と現在、そしてキリスト教 福井栄二郎>

福井栄二郎『メラネシアにおける文化の真正性とその揺らぎ−ヴァヌアツ・アネイチュム社会の伝統に関する歴史人類学的研究』未発表博士論文(神戸大学)、2006年

A. W. Murray, Wonders in the Western Isles: Being a Narrative of the Commencement and Progress of Mission Work in Western Polynesia(London: Yates and Alexander, 1874).

G. Patterson, Missionary Life among the Cannibals: Being the Life of the Rev. John Geddie, with a History of the Nova Scotia Presbyterian Mission on That Group (Toronto: James Campbell & Son, James Bain & Son, and Hart, 1882).

R. S. Miller, Misi Gete: John Geddie, Pioneer Missionary to the New Hebrides(Australia, Tasmania, Launceston: Presbyterian Church of Tasmania, 1975)

<第3章 白いサリーと赤いシンドゥール——北インド農村の寡婦の物語 八木祐子>

藤井毅「カースト」辛島昇ほか監修『南アジアを知る事典』平凡社、1992年

八木祐子「儀礼・職能カースト・女性−北インド農村における通過儀礼と吉・凶の観念」『民族學研究』56巻2号、1991年、181-208頁

八木祐子「結婚・家族・女性−北インド農村社会の変容」窪田幸子、八木祐子編『社会変容と女性−ジェンダーの文化人類学』ナカニシヤ出版、1999年3月、36-65頁

八木祐子「女性・身体・セクシュアリティー−北インド農村の事例から」野村雅一、市川雅編『技術としての身体』(叢書「身体と文化」第1巻)大修館書店、1999年6月、397-416頁

八木祐子「北インド農村における身体とジェンダー規範」小谷汪之編『現代南アジア 第5巻 社会・文化・ジェンダー』東京大学出版会、2003年、277-293頁

山崎元一「カースト」「不可触民」辛島昇ほか監修『南アジアを知る事典』平凡社、1992年

Brenda E. F. Beck, “Colour and Heat in South Indian Ritual,” Man, Vol.4(55),1969.

Chowdhry Prem, The Veiled Women: Shifting Gender Equations in Rural Haryana 1880-1990(Delhi: Oxford University Press, 1994).

David. G. Mandelbaum, Women’s Seclusion and Men’s Honor: Sex Roles in North India, Bangladesh, and Pakistan(Tucson: University of Arizona Press, 1988).

Gloria Goodwin Raheja and Ann Grodzins Gold, Listen to the Heron’s Words: Reimagining Gender and Kinship in North India (Berkeley: University of California Press, 1994).

Holly Baker Reynolds, “The Auspicious Married Woman,” in Susan. S. Wadley(ed.), The Powers of Tamil Women(Syracuse: Syracuse University, 1980).

Leela Dube, “Socialization of Hindu Girls in Patrilineal India,” in C. Karuna(ed.), Socialization, Education, and Women: Explorations in Gender Identity, Nehru Memorial Museum and Library(New Delhi: Orient Longman, 1988).

Leigh Minturn, Sita’s Daughters: Coming Out of Purdah(New York: Oxford University Press, 1993).

Sarah Lamb, White Saris and Sweet Mangoes: Aging, Gender. and Body in North India(Berkeley: University of California Press, 2000).

Susan S. Wadley, Shakti: Power in the Conceptual Structure of Karimpur Religion(Chicago: University of Chicago, 1975).

Veena Das, “On Female Body and Sexuality,” Contributions to Indian Sociology, (n.s.)21(1), 1987, pp.57-66.

<コラム3 サティー 田中雅一>

田中雅一『供犠世界の変貌−南アジアの歴史人類学』法藏館、2002年、第10章「女神と共同体の祝福に抗して−現代インドのサティー論争」

田中雅一「ミクロ人類学の課題」(田中雅一、松田素二編『ミクロ人類学の実践−エイジェンシー・ネットワークー・身体』世界思想社、2006年)

第3部 慣習、宗教と戦いのなかのやもめ
<第1章 漢人寡婦と儒教倫理——その理想と現実 秦兆雄>

関西中国女性史研究会編『中国女性史入門−女たちの今と昔』人文書院、2005年

滋賀秀三『中国家族法の原理』創文社、1976年

白水紀子『中国女性の二十世紀−近現代家父長制研究』明石書店、2001年

秦兆雄「宗族の規範と個人の選択−中国湖北省農村の招贅婚の事例から」『民族学研究』68巻4号、2004年、511-533頁

秦兆雄『中国湖北農村の家族・宗族・婚姻』風響社、2005年

秦兆雄「都市と農村から見た中国社会の境界」『漢族・少数民族研究の接合−クロスオーバー的視点から見る漢族と少数民族の社会と文化』愛知大学国際中国学研究センター、2007年、8-16頁

仁井田陞『中国の農村家族』東京大学出版会、1952年

村松暎『中国列女伝−3000年の歴史のなかで』中公新書、1968年

韋渓・張萇『中国古代婦女禁忌礼俗』西安:陝西人民出版社、1994年

陳暁毅「凝固的儒教『賛美詩』−青岩牌坊的宗教人類学解読」中山大学人類学系『「田野中的宗教」国際学術研討会会議論文』2006年、138-149頁

任騁『中国民間禁忌』北京:作家出版社、1991年

鮑樹民編著『牌坊群裏的故事』黄山:黄山華地彩色印刷有限公司、1999年

法政学社編『中国民事習慣大全』(中国現代史料叢書)台北:文星書店、1962年

魯迅「祝福」魯迅先生記念委員会編『魯迅全集』烏魯木斉:新疆人民出版社、1995年、325-336頁

Arthur P. Wolf and Chieh-shan Huang, Marriage and Adoption in China: 1845-1945(Stanford: Stanford University Press, 1980).

C. Martin Yang, A Chinese Village: Taitou Shantung Province(New York: Columbia University Press, 1945).

Francis L. K. Hsu, “Observation on Cross-cousin Marriage in China,” American Anthropologist, 47(1), 1945, pp.83-103.

<コラム4 最後に笑うのは寡婦——南タイにおけるムスリムと仏教徒(華人系、タイ系)の混住村落にて 西井凉子>

西井凉子『死をめぐる実践宗教−南タイのムスリム・仏教徒関係へのパースペクティヴ』世界思想社、2001年


<第2章 戦争未亡人の物語と社会の軍事化・脱軍事化 上杉妙子>

青地晨「戦争未亡人−戦争犠牲者の実態」『婦人公論』37巻11号、1951年、46-51頁

石原幸信「生保が沈没する」http://www.usiwakamaru.or.jp/~yukifpos/cinb.htm(2006年6月2日)

稲葉秀三「生活と闘う戦争未亡人」『旬刊 時の法令』73号、1952年、22-25頁

上野千鶴子『ナショナリズムとジェンダー』青土社、1998年

宇佐見憲治『生命保険業100年史論』有斐閣、1984年
大宅壮一「性的失業論−未亡人と独身者の問題」『世界評論』4巻12号、1949年、51-55頁

外務省調査局第四課「西独戦争犠牲者・扶助法による戦傷者・戦争未亡人及び遺児の地位改善(1950年11月7日付ディー・ノイエ・ツァイトゥング紙)」『調査と資料』1巻2号、1951年、49-52頁

神奈川県婦人少年室「未亡人調査あれこれ」『婦人と年少者』3巻9号、1955年、17-18頁

鹿野政直「戦争未亡人」朝日ジャーナル編集部編『女の戦後史_ 昭和20年代』朝日新聞社、1984年
川口恵美子『戦争未亡人−被害と加害のはざまで』ドメス出版、2003年

川本三郎「今ひとたびの戦後日本映画1 戦争未亡人と死者」『世界』566号、1992年、251-259頁
菊池敬一、大牟羅良編『あの人は帰ってこなかった』岩波新書、1964年

北河賢三『戦後の出発−文化運動・青年団・戦争未亡人』青木書店、2000年

北河賢三「戦争未亡人の戦中と戦後」『歴史地理教育』703号、2006年、17-24頁

許昊「『牝犬』論−三島由紀夫の「未亡人小説」考(2)」『日本文化研究』3号、1992年、91-108頁

R・グハ、G・パンデー、P・チャタジー、G・スピヴァク著/竹中千春訳『サバルタンの歴史−インド史の脱構築』岩波書店、1998年

厚生省編「第1章 国民の生活はいかに守られているか 第4節 母子と老令者のための福祉対策はどうなっているか 一 母子福祉 問題の所在」『厚生白書(昭和31年度版)』
http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpaz195601/b0045.html(2005年11月27日)

坂口安吾「堕落論」『日本の文学 63 坂口安吾 織田作之助 檀一雄』中央公論社、1969年、140-147頁(初出は『新潮』43巻4号、1946年)

坂口安吾「続堕落論」(『日本の文学 六三 坂口安吾 織田作之助 檀一雄』中央公論社、1969年、148-155頁(初出は『文学季刊』2号_冬季号_、1946年)

佐藤卓己『「キング」の時代−国民大衆雑誌の公共性』岩波書店、2002年

鈴木聿子編『未亡人たちの戦後史−茨未連「母子草」から 上』筑波書林、1983年

総務省統計局「第4表 配偶関係(4区分)、年齢(5歳階級)、男女別15歳以上人口−全国(大正9年〜平成12年)」国勢調査結果の時系列データ、2000年、
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/kako/danjo/zuhyou/da04.xls

総務庁恩給局第二課「寡婦加算について」『恩給』232号、2000年、33-34頁
外野三郎「未亡人調査の示唆するもの−募集資料としての活かし方」『保険時報』10巻5号、1953年、9頁

田中伸尚、田中宏、波田永実『遺族と戦後』岩波新書、1995年

田邊繁子「未亡人の研究−実態調査」『法律時報』24巻7号、1952年、40-49頁

谷川義行「未亡人白書」『女性改造』5巻6号、1950年、80-85頁

樽川典子「『未亡人』の誕生」『社会学ジャーナル』26号、2001年、79-96頁

日本遺族会編『いしずえ−戦没者遺族の体験記録』日本遺族会事務局、1963年

丹羽文雄「抗議(未亡人の生態)」『小説新潮』10巻3号、1956年、242-254頁

農林水産省関東農政局静岡農政事務所「400年の米価 昭和の巻」http://www.shizuoka.info.maff.go.jp/22syokuryou/zyouhou/data/bekasyo.htm

羽仁もと子ほか「子供を持つ未亡人の問題(座談会)」『婦人之友』43巻9号、1949年、19-30頁

早川紀代「戦争と家族、女と男−15年戦争・総力戦体制期」『歴史地理教育』703号、2006年、8-16頁

林千代『母子寮の戦後史−もう一つの女たちの暮らし』ドメス出版、1992年

比留間亮平「『キリスト教人文主義』再考−エラスムス『キリスト教的寡婦論』に関する試論」『東京大学宗教学年報』22号、2004年、97-111頁

弘世現『私の生命保険昭和史』東洋経済新報社、1988年

福永アキ「終戦後に於ける未亡人問題−特に未亡人対策試案」『社会事業』32巻1・2号、1949年、61-64頁

逸見勝亮「戦歿者寡婦特設教員養成所の設立」『北海道大学教育学部紀要』80号、2000年、297-326頁

牧野修二ほか「未亡人の生活と子供の養育(座談会)」『社会事業』三四(四・五)号、1949年、31-39頁

南佐久未亡人会「血を売る母親のゆくえ−戦争未亡人の訴え」『社会評論』6巻6号、1949年、37-40頁

三野文代「母子草」日本遺族会編『いしずえ−戦没者遺族の体験記録』日本遺族会事務局、1963年、131-142頁

宮城県民生部社会課「未亡人家庭に於ける子女教育の実態調査」『東北法学会雑誌』3号、1951年、50-63頁

明治生命保険相互会社80年史編集室編『明治生命80年史』明治生命保険相互会社、1963年
矢崎武子「未亡人は『聖女』ではない−未亡人の生活と意見」『婦人公論』39巻13号、1953年、182-189頁

山本明『カストリ雑誌研究−シンボルにみる風俗史』出版ニュース社、1976年

Leilan「コメント」『東京無重力アワー06−「ニッセイのおばちゃん」は笑顔を運ぶ保険屋のおばちゃん……』

http://negaposi.exblog.jp/2251907/(2005年9月18日)
労働省婦人少年局『未亡人等の雇用に関する調査中間報告(製造業の部)』(婦人労働調査資料号外)1954年

労働省婦人少年局『未亡人等の雇用に関する調査(飲食店・旅館の部)』(婦人労働調査資料第24号)1956年

労働省婦人少年局『未亡人等の雇用の実情−未亡人等の雇用に関する調査結果報告(製造業及び非製造業)』(婦人労働調査資料第27号)1957年

C. Enloe, Maneuvers: The International Politics of Militarizing Women’s Lives(Berkeley: Univ. of California Press, 2000).(シンシア・エンロー著/上野千鶴子監訳/佐藤文香訳『策略−女性を軍事化する国際政治』岩波書店、2006年)

<コラム5 イスラーム法における寡婦 堀井聡江>

C. Lutz, “Militarization,” in D. Nugent and J. Vincent(eds.), A Companion to the Anthropology of Politics(Malden: Blackwell Publishing, 2004).

J. M. Steen and M. R. Asaro, Military Widow: A Survival Guide(Annapolis: Naval Institute Press, 2006).

J. R. Gillis, “Introduction,” in J. R. Gillis(ed.), The Militarization of the Western World(New Brunswick N. J.: Rutgers University Press, 1989).

L. Shamgar-Handelman, Israeli War Widows: Beyond the Glory of Heroism(South Hadley: Bergin & Garvey Publishers, 1986).

M. Geyer, “The Militarization of Europe, 1914-1945,” in J. R. Gillis(ed.), The Militarization of the Western World(New Brunswick N.J. : Rutgers University Press, 1989).

P. Laurent, Grief Denied: A Vietnam Widow’s Story(Santa Rosa C. A.: Catalyst for Change, 1999).

S. M. Herbert, Camouflage Isn’t Only for Combat: Gender, Sexuality, and Women in the Military(New York: New York University Press, 1998).

真田芳憲・松村明編著『イスラーム身分関係法』中央大学出版部、2000年

野村育世「未亡人」比較家族史学会編『事典家族』弘文堂、1996年、783頁

堀井聡江『イスラーム法通史』山川出版社、2004年

柳橋博之『イスラーム家族法−婚姻・親子・親族』創文社、2001年

柳橋博之編著『現代ムスリム家族法』日本加除出版、2005年

Hans Georg Ebert, Das Personalstatut arabischer Länder. Problemfelder, Methoden, Perspektiven, Frankfurt a.M., Berlin, Bern, New York, Paris, Wien: Peter Lang, 1996.

Judith Tucker, E. Judith Tucker, “Revisiting Reform: Women and the Ottoman Law of Family Rights, 1917,” Arab Studies Journal, 4/2 (1996),pp.4-17

J. N. D. Anderson, “Recent reforms in family law in the Arab world,” Zeitschrift für Vergleichende Rechtswissenschaft, 65 」ィ1963」ゥ, pp.1-17.

Ron Shaham, Family and the Courts in Modern Egypt: A Study Based on Decisions by the Sharia Courts, 1900-1955, Leiden, New York, Köln: Brill, 1997.
http://www.muslimwidows.com/(Muslim Widows Matrimonial, ムスリム女性の再婚支援のサイト。最終アクセス2006年12月13日午前十時).

http://www.pucl.org/Topics/Gender/2002/muslimwidows.htm(Haram, Neelofar, "Muslim Widows. A Case Study in Delhi" インド最大の人権団体PUCLの紀要に掲載された論稿で、南アジアの寡婦に関する上記2002年のセッションの成果をふまえつつ、寡婦の現状を報告している。最終アクセス同前).

第4部 変容する社会と「たゆたう」やもめ
<第1章 「イエ」の外に曝される寡婦——儒教的寡婦像とグローバル化のはざまで 岡田浩樹>

伊藤亞人「韓国の伝統社会における女性」聖心女子大学キリスト教文化研究所編『女性と文明』春秋社、1986年

岡田浩樹『両班−変容する韓国社会の文化人類学的研究』風響社、2001年

栗原葉子『ママ・ボーイの韓国−フェミニスト遊学記』亜紀書房、1995年

嶋陸奥彦「韓国の『家』の分析−養子と分家をめぐって」『広島大学総合科学部 アジア研究』2、1980年、39-52頁

嶋陸奥彦「氏族制度と門中組織」伊藤亞人、関本照夫、船曳建夫編『現代の社会人類学 1 親族と社会の構造』東京大学出版会、1987年、3-23頁

嶋陸奥彦「歴史人類学から見た韓国の親族結合」吉原和男、鈴木正崇、末成道男編『〈血縁〉の再構築−東アジアにおける父系出自と同姓結合』風響社、2000年、167-184頁

重松真由美「韓国の女」綾部恒雄編『女の文化人類学−世界の女性はどう生きているか』弘文堂、1982年

末成道男「韓国の社会組織−そのヴァリエーションをめぐって」竹村卓二編『日本民俗社会の形成と発展−イエ・ムラ・ウジの源流を探る』山川出版社、1986年、16-184頁

瀬地山角『東アジアの家父長制−ジェンダーの比較社会学』勁草書房、1996年

仁科健一ほか編訳『韓国の女たち−仕事・子育て・フェミニズム』社会評論社、1994年

服部民夫「韓国の家族」清水由文、菰渕緑編『変容する世界の家族』ナカニシヤ出版、1999年、34-65頁

山中美由紀 『変貌するアジアの家族−比較・文化・ジェンダー』昭和堂、2004年

吉原和男「『血縁』の再構築−同姓団体の生成とその社会的機能」吉原和男、鈴木正崇、末成道男編『〈血縁〉の再構築−東アジアにおける父系出自と同姓結合』風響社、2000年、15-43頁

李文雄著/ 都知美訳「血縁観の持続と変容−現代韓国の親族関係」『都市文化研究』3、2004年、194-202頁

«—±πø©º∫∞≥πflø¯『タフネ・ー。チキタサ タァヌム ¥Î√•ø¨±∏』º≠øÔ:«—±πø©º∫∞≥πflø¯、1996(韓国女性開発院『離婚家族に対する対策研究』ソウル:韓国女性開発院、1996年)

±ËµŒ«Â『ヌムアケー。チキチヲオオソャアク』º≠øÔ:º≠øԥΫ–±≥√‚∆«∫Œ、一九六九(金斗憲『韓国家族制度史研究』ソウル:ソウル大学校出版部、1969年)

¡§√¢ºˆ ソワ『ªÍ昻≠∞˙¡§ø°º≠¿« ヌムアケー。チキタヌ スヌナツソヘ タチ』º≠øÔ:¡˝πÆ¥Á、1996、(鄭昌秀ほか 『産業化過程における韓国家族の実態と展望』ソウル:集文堂、1996年)

Elizabeth Choi, “Status of the Family and Motherhood for Korean Women Continuity and CHANGE, in Joyce Gelb and Marian Lief Palley(eds.),Women of Japan and Korea: Continuity and Change(Philadelphia: Temple University Press, 1994), pp.189-205.

Joyce Gelb and Marian Lief Palley(eds.), Women of Japan and Korea: Continuity and Change(Philadelphia: Temple University Press, 1994).

Martina Deuchler, “Prefece,” in Laurel Kendall and Mark Peterson(eds.), Korean Women: View from the Inner Room(New Haven: East Rock Press, 1983).

<第2章 南海の島の寡婦たち——パプアニューギニア・マヌス島クルティ社会 馬場淳>

馬場淳「シブリングを活かすことと社会変化を生きること−パプアニューギニア・アドミラルティ諸島における婚資の寄贈をめぐって」『社会人類学年報』28号、2002年

馬場淳「想起される”振る舞い”−パプアニューギニア・クルティ社会におけるパラ・ソウエ儀礼の分析」『法社会学』65号、2006年

P・ワースレイ/吉田正紀訳『千年王国と未開社会−メラネシアのカーゴ・カルト運動』紀伊國屋書店、1981年

A. Kuluah, The Ethnographic History of Kurti People on Manus Island, Papua New Guinea, to 1919(Unpublished M. A. thesis [University of Victoria, Canada]held at University of Papua New Guinea, 1979).

NSO(NATIONAL STATISTICAL OFFICE), Census Unit Register: Manus Province(Port Moresby: National Statistical Office, 2002).

<第3章 結婚の絆、夫婦の絆——家族の観点から 伊藤眞>

伊藤眞「インドネシアの母子保健政策−南スラウェシにおける妊産婦死亡事例を中心に」『人文学報』第299号、東京都立大学人文学部、1999年

伊藤眞「サバのブギス移民」『人文学報』第338号、東京都立大学人文学部、2003年

伊藤眞「男女をめぐるもめごととその収拾−南スラウェシにおける駆け落ち事例から」宮本勝編『<もめごと>を処理する(くらしの文化人類学6)』雄山閣、2003年

中村緋紗子「イスラーム法と慣習法−ジャワ・ムスリムの離婚を中心として」伊藤亞人、船曳建夫、関本照夫編『国家と文明への過程(現代の社会人類学3)』東京大学出版会、1987年

ヒルドレッド・ギアツ著/戸谷修、大鐘武訳『ジャワの家族』みすず書房、1980年

前田成文「世帯と親族」石井米雄編『東南アジア世界の構造と変容』創文社、1986年

Department Pendidikan dan Kebudayaan, Kamus Besar Bahasa Indonesia (Jakarta: Balai Pustaka, 1988).

Raymond G. Gordon Jr.(ed.), Ethnologue: Languages of the World(Fifteen Edition)(Dallas, Tex: SIL International, 2005, Online Version: http://www.ethnologue.com/).

<おわりに——まとめと新たなはじまりにむけて 椎野若菜>

比較家族史学会秋季研究大会ミニシンポジウム「寡(やもめ)の処遇」2005年11月12日

第40回日本文化人類学会分科会「配偶者亡きあとの寡(やもめ)の処遇」2006年6月4日
『民博通信 特集 寡婦の現在』2006年

長島信弘「親族と婚姻」吉田禎吾、蒲生正男編『社会人類学』46-47頁

【学術書】
<A>
浅野素女『フランス家族事情‐男と女と子どもの風景』岩波新書、1995年

安積純子、岡原正幸、尾中文哉、立岩真也『<増補改訂版>生の技法‐家と施設を出て暮らす障害者の社会学』藤原書店、1990年

デニス・アルトマン/河口和也、風間孝、岡島克樹『グローバル・セックス』岩波書店、2005年

<E>
ノルベルト・エリアス、ミヒャエル・シュレーター編/宇京早苗訳『諸個人の社会‐文明化と関係構造』法政大学出版局、2000年

<G>
アンソニー・ギデンズ/秋吉美都、安藤太郎、筒井淳也訳『モダニティと自己アイデンティティ‐後期近代における自己と社会』ハーベスト社、2005年

<H>
アグネス・ヘラー/良知力、小箕俊介訳『個人と共同体』りぶらりあ選書、1976年

<I>
伊田広行『シングル単位の社会論‐ジェンダー・フリーな社会へ‐』世界思想社、1998年
井上俊、船津衛『自己と他者の社会学』有斐閣アルマ、2005年

<K>
片倉比佐子、黒田弘子『家と女性』吉川弘文館、1997年
金井淑子編『フェミリー・トラブル‐近代家族/ジェンダーのゆくえ』明石書店、2006年

<L>
モーリス・レーナルト/酒井信三『ド・カモ‐メラネシア世界の人格と神話』せりか書房、1990年

レグランド塚口淑子『<新版>女たちのスウェーデン‐“仕事も子供も”が可能な国に40年』ノルディック出版、2006年

<M>
目黒依子『個人化する家族』勁草書房、1987年

目黒依子『結婚・離婚・女の居場所<いま 家族を問う6>』有斐閣、1990年

宮本孝二『ギデンズの社会理論‐その全体像と可能性』八千代出版、1998年

森岡清美『発展する家族社会学‐継承・摂取・創造』有斐閣、2005年

<N>
中岡成文『ハーバマス‐コミュニケーション行為』講談社、2003年

<R>
アラン・ルノー/水野浩二訳『個人の時代‐主観性の歴史』法政大学出版局、2002年

<S>
齋藤純一『親密圏のポリティクス』ナカニシヤ出版、2003年

坂本佳鶴恵『アイデンティティの権力‐差別を語る主体は成立するか』新曜社、2005年

柴山恵美子、藤井治枝、守屋貴司編著『世界の女性労働・シリーズ<女・あすに生きる>21』ミネルヴァ書房、2005年

<T>
立岩真也『希望について』青土社2006年
立岩真也『自由の平等‐簡単で別な姿の世界』岩波書店、2004年
富永健一『社会変動の中の福祉国家‐家族の失敗と国家の新しい機能』中公新書、2001年

<U>
上野千鶴子『結婚帝国女のわか岐れ道』講談社
上野千鶴子『脱アイデンティティ』勁草書房、2005年

<V>
K・バリッジ/宮永国子『個のアイデンティティ‐誰かであること、誰でもないこと』世界思想社、1997年

ポール・ヴェーヌ他著/大谷尚文訳『個人について』法政大学出版局、1996年

<W>
チャールズ・A・ウェラー/窪内節子監訳『バチェラー‐結婚しない男の心理』世織書房、2003年

Y・ウーン/池田年穂訳『グラスウィドウ生寡婦‐広東からカナダへ、家族の絆を求めて』風響社、2003年

<Y>
山田昌弘『家族というリスク』勁草書房、2001年
山田昌弘『消費社会日本‐もうひとつの格差のゆくえ』岩波新書、2007年
【一般書】
<A>
池上千寿子編著『シングル・マザー‐結婚を選ばなかった女たちの生と性』学陽書房、1982年
<B>
スバドラー・ブタリアー/鳥居千代香訳『ダウリーと闘い続けて‐インドの女性と結婚持参金』柘植書房、2005年

<C>
カルチャ・クルマン『カルチャ・クルマン32歳‐産まないって、決めたわけじゃなくて…』新水社、2007年

<E>
海老坂武『女と男の未来形』ブロンズ新社、1994年
海老坂武『中年は恋愛の適齢期』講談社、1998年
海老坂武『男という好奇心』筑摩書房1989年

<H>
葉石かおり『おひとりさま道』ライブドアパブリッシング、2005年

<I>
岩下久美子『おひとりさま』中央公論新社、2001年

<K>
ジャン=クロード・コフマン『シングル‐自立する女たちと王子様幻想』昭和堂、2006年

婚差会編『非婚と親の婚外子‐差別なき明日に向かって』青木書店、2004年

<N>
中島さおり『パリの女は産んでいる‐<恋愛大国フランス>に子供が増えた理由』ポプラ社、2005年

<S>
酒井順子『負け犬の遠吠え』講談社、2003年

柴山恵美子編著『世界の女たちはいま‐各国にみる男女平等の波』学陽書房、1984年

柴山恵美子編著『新・世界の女たちはいま‐女と仕事の静かな革命』学陽書房、1993年
Page Top

Global Navigation

AACoRE > Projects > シングルと社会
ILCAA